コルク・リサイクル

 

2月も、もう、終わり・・・ブログ更新がご無沙汰してしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

毎日、こんな拙いブログでも、覗いて下さる方がいらっしゃるのに、本当にスミマセン

仕事・家事・介護に追われる日々の中で、ゆる〜りと書いておりますので、どうかご理解

下さればうれし〜いです。


さて、写真は、お店の中で日々溜まる、たくさんのコルクたち。

何か再利用する方法はないかなぁ〜???なんて、思ってたら、とあるインポーターさんの

試飲会で 東京で回収されたコルクを再利用している場所を発見

日本コルクリサイクル協会

回収されたコルクは 心身に不自由のある方々の施設等に寄付され、そこで、洗浄、選別

され、新たにいろんなモノに生まれ変わります。

昨秋、フェイスブックで投稿したら、あーっと言う間に、ワインバーのオーナーさんや、

レストランマネージャーさんが、お店で集まったたくさんのコルクを持って来て下さったり、

友人もコルクでクリスマスリースを作る予定だったけど、よかったら・・・っといって

持って来てくれました。

集まったコルクは oribe よりある会社のご協力で、社内運送便を利用させて頂き、東京に

配送、そこから一括して コルクリサイクル協会に届けて貰ってます。

そろそろ 三回目の送付をしようかなぁ〜 結構、溜まってきました。








新年のご挨拶

 

明けましておめでとうございます。

今年も干支の置物を、以前、母のはぎれをお渡したのがご縁で、お知り合いのお母様が

作って下さいました〜 

着物の柄を上手く合わせて、とても細かい作業・・・コ・マダム母も昔は、縫物が好きだった

ので、お母様の作っているお姿が目に浮かんできます。どうもありがとうございました。

今年も うまいモノ みなさんに笑顔になって頂けるよう、お届け致しますので、どうか

よろしくお願い申し上げます。


さて、きょうの大阪は 悲し〜い雨・・・

昨夜の訃報に、シェフと共に、沈み込んでます。。。



2010年6月13日(日)にご来店頂きました〜

信じられない まだ、現実を受け入れることができません。

    やっぱ好きやねん

アクセサリー・LA VENERE

 

きょうから12月。今年も残りわずか。先月は何だか体調が悪い1ケ月で・・・

お店のプチ改装もあったりして、営業は休んでたものの、やること満載でした。

ようやく先月末より、新生 oribe 誕生してます また、後ほどお知らせしますね。

なのでイベント投稿の続きに間が開いてしまい、申し訳ありませんでした m(_ _)m

以前、ブログで 京都・高島屋のイタリアフェアに出店の紹介をさせて頂いた↓↓↓

http://blog.o-ri-be.com/?eid=273

"素材との一期一会から生まれる1点ものアクセサリー” LA VENERE

コ・マダムも何点か愛用していて、イベント当日も着けてました〜 

oribe の店内では このようにディスプレイされ・・・



開始直後から、お目当てのアクセサリーをお買い求めにいらっしゃったお客様がたくさん。



楽しそうに、選んで着けていらっしゃいました〜

作家さんのご主人(イタリア人)も 珈琲担当で、頑張ってサービスしてくれました

こうして 一期一会のアート展 は みなさまのお越しで第一回はおかげさまで盛況に終え

ることができました〜 

ご来場頂いた、お客様・ご参加頂いた作家さん、みなさまどうもありがとうございました!

             <<<おしまい>>> 






photographer Mr.

 

黒一点で参加頂いた Mr. Takamatsu

今年の春に、母校の桜を見に行く同窓生の集まりで コ・マダムとは同じクラスになったこと

はなくって・・・

「初めまして!」の挨拶より、帰りの電車の中で、このイベント企画の話に発展し・・・ 

「アーティスト同士のコラボは 何やら化学変化をもたらし、おもしろそうや

即、参加表明して頂き・・・

7月末に第1回企画会議の後に、9月初旬にイベント用チラシ写真撮影



私が居なくても、作家さん同士はいつの間にか一つになり・・・




イベント用の写真が無事に終了しました〜


当日、一番先に設営に臨んでいた彼に、表のカフェスペースの部分がさびしいから

"なんか1枚、写真欲しいなぁ・・・" っと コ・マダムの一声で、スタジオに写真を取りに

帰ってくれました〜

そのおかげで淀川風景の写真を眺めながら、お茶を飲むことができました。


「せやさかいに・・・どないしまひょ?」彼の話す言葉は生粋の大阪弁。

それもそのはず、生まれ、育ちも大阪で、大阪をこよなく愛する写真家さん。

   ”一葉の写真に町の中で感じた想いを写す” をモットーに
 

普段、無口な彼も、当日はご来場下さったお客様方と1週間分くらい喋った・・・っと。

現在、大阪・南港ハイアットリージェンシーホテルのビジネスセンター / ホテル1F

にて、写真を展示中です。アート展とは違った、写真がたくさん飾ってあるようです。

来年、2月24日くらいまでだそうですが、これからのクリスマスの時期、写真を見に

ハイアットにお出かけするのも、楽しみ〜ですね。  <<<つづく>>>







うつわ pirikao

 

続いては うつわ pirikao さん。
 
oribe の写真スポットになっている、表の看板、店内の壁面には渦巻きのタイル、お店の陶器

を担って頂いてます。



なので、ディスプレイも店内にすぐに馴染んでます

当日は 新たに花器 や 湯呑み、抹茶茶碗などを取り揃えて頂きました〜

こちらは マカロンを入れた器



シェフも時折、器を見ていて、料理を盛りたくなってきた・・・っといってましたが。

ほっこりする器がたくさんありましたよ

                                               <<<つづく>>>















青空マカロン




ここからは 一期一会のアート展 にご参加頂いた作家さんを順にご紹介しまぁ〜す

以前ブログで、 ”きょうのおやつ”でご紹介しましたが↓↓↓

http://blog.o-ri-be.com/?day=20130509

このイベントのために ”身につけたくなるマカロン” をテーマに作って頂きました



こちらは店内でディスプレイ用に作って頂いた作品

今回はドリンクセットと共に販売しておりましたが、マカロン欲しさにスィーツ男子が 

珈琲、お抹茶と両方召し上がって頂くこともあり・・・



お着物でマカロンをお運び頂き・・・イベントを華やかにしてくださいました

(お着物の後ろ姿が、青空マカロンさんです。)

今週末に うつぼバザール こちらのイベントでは購入可能です。

(11/10(日)11時から 靭公園の南側のお店、シャトータベイユ COCO 
G.I.FACTORY 周辺)

楽し〜そうな、イベント 見逃せませんね      <<< つづく>>>



一期一会のアート展

 

先週の日曜日、10/27 oribe では 「一期一会のアート展」を開催しておりました〜

お食事を計画されておられた、お客様には大変ご迷惑をお掛けして、申し訳ありません

でした m(_ _)m


春くらいから、コ・マダム企画で何か楽し〜いイベントをしたい!いつもと違った感じで

・・・っと漠然と思いを描いていたところ、友人でもあり、同級生の3人の作家さんと

話をする機会があり、即、ギャラリーとして、制作展(大人の文化際?)をしよう!っと

なりました。


普段、制作活動に専念されておられる作家さん達には、自分達の作品を披露する場所が少な

い、自分の作品を自ら紹介したい・・・など 熱い想いを直接伝えてもらえる場所として

oribe を1日ギャラリーとして開放しようってことになりました。

アートがテーマになるので、あえてシェフの料理を出さないでおこうと決め、コ・マダムの役

割は、より多くの方に作家さんの作品を知って貰えるように、いつもと違った空間を演出し

て、ちょっと、ゆったりまったりと、楽し〜い雰囲気で、また アートを通じて人と人との輪

が広がるように・・・っという思いから、「一期一会のアート展」と命名しました。


なので、当日シェフには、サービスに専念してもらい、コ・マダムが薄茶を点てて

作家さんのご主人(イタリア人)に珈琲を入れて頂くことに・・・

そして、このイベントに、どうしても参加して頂きたくって、もう一人の作家さん 

青空マカロンさんにも加わって頂きました。 

このイベントのために焼いて頂いた マカロン をドリンクと共に、屋外のオープンスペ

ースにて、提供させて頂きました〜   <<<つづく>>>








父の命日

 

きょうは昔でいう、体育の日。この日は秋晴れのいい日が多いような・・・

でも、今年はまだ暑〜いですね


11年前のきょう、コ・マダム父はこの世を去りました〜

68歳、厳密にいえば、68歳になって、10日目で亡くなりました。

あれから11年の月日が流れたけど、今でも病院で最期の一瞬、それまでずーっと閉じて

いた両目が、パッと見開いて、母と私にお別れをして息を引き取った瞬間が、未だに脳裏に

鮮明に覚えてます。


2000年に、事業を自主廃業し、これから趣味の魚釣りや旅行を母と楽しむぞ・・・っと

いって、家族でお祝いの食事に出掛けた時の写真。

この前後、父の身体には既に病魔が潜んでおり、2002年腎臓がんで他界しました。

祖父が大病を患った割には90歳までリタイア生活を満喫していたので、父もこれから・・・

っという間もなく〜 ほんと人生はままならぬモノ、父の死を持って教えられることたくさん

ありました。

当時の私は、シェフとはまだ出会っておらず(料理は食べていましたが)会社員をしながら

いわゆるパラサイトシングルでした。

実家に長く居た分、父との親子関係は濃密で最期まで悔いなく、看取れたものの、心残りが2

つあり。


     1)父とのツーショット写真がない

 結婚してたら、式などで父親とのツーショットの写真があるが、未婚女性ではなかなか
 改まって父と写真を撮る機会もなく・・・


     2)名前(昌子)の由来がわからない

 父は元々、私が男の子だと思ってた様子で男の子の名前しか用意していなかった。女の子だ         
 知って、慌てて考えた様子だが。どのようにして昌子になったかが?わからずじまい。
 
 

 父を失ってから、ある人に君の名前は 今宮神社「商売繁昌」の昌が由来だね!?
 
 そういわれると、商売熱心な父で、神社に時々お参りしていた父ならあり得るか
 も・・・?っと。

ただ、一ついえるのは、偶然にも私は結婚して、シェフのお姉さんと旧姓が同性同名になった

こと。

父は私が宇崎家に嫁ぐこと、予知していたのかなぁ〜???


これからもあの世から、母と私を見守って下さいね。そして、頃合いを見計らって、母を

お迎えに来て下さい。それまで、私はできること、がんばりまぁ〜す=3






 

 

夏休み



先週、19日(月)から26日(月)まで、長〜い夏休みを頂きました。

ご来店をご計画されていた、お客様にはご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

前後1日は片づけ・仕込みがあるので、実際休んだのは20日から25日の5日間

今年は長旅に出ることなく、近場で気の向くままに過ごせたかなぁ〜

コ・マダム母を連れて、岡山・倉敷へ1泊2日の旅へ〜

もちろんテツオさん(昨年の夏休みのブログで書いた通り)にも一緒に新幹線で。

http://blog.o-ri-be.com/?eid=236

母が車椅子を利用し初めて、遠出をすることになったのだが、新幹線・在来線共に移動の

際には、駅員さん or サポート専門にして下さる方がいらっしゃり、とても親切に母を運んで

下さったおかげで、何のトラブルもなく無事に帰宅。。。

母は時折、自分のために多くの人の手助けが必要な現実に、申し訳なさそうにしていたが。

それでも旅行中はハイテンション、帰りの新幹線では、「次はどこ連れて行ってくれるの

?」っと。

旅を終えてからは、京都の宇崎ご先祖様のお墓参り と 箕面のコ・マダム父のお墓参り

に出掛け・・・
 

後は、コ・マダムは友人とのランチや夕食会など シェフとは別行動で、楽し〜い時間を

満喫させて頂いた

写真は休暇中に選び、読み終えた本

普段夜型の生活から、朝方の生活リズムに戻し、ゆったりと家族や友人と過ごした、とても

有意義な夏休み。

しっかり休養し、遊び、内観したので、さらにパワーアップ

これからの oribe に期待してくださいね〜〜








きょうのおやつ



久々のおやつ投稿 こう暑〜いとあっさり、さっぱりしたモノがいいですよね!?

・・・で、神戸・岡本駅近く シエルクレール  ”フレッシュフルーツパフェ”

http://cielc.exblog.jp/

フルーツがもりだくさん 上にグレープフルーツが2種(ルビー)、マスカット、メロン

中に生クリームとカスタードクリーム、スポンジの層にいちごやフランボワーズが程よく
 

溶け込んでます。

全体にあっさりとしているんだけど、生クリームやカスタードクリーム、スポンジがパンチ

を効かせてるので、じっくりと味わい深い、おいし〜いパフェになってまぁ〜す

清涼感漂う、夏にぴったりのスィーツです。


通常は、お店だけの販売ですが、ただいま期間限定で(〜19日(月))そごう神戸店

地下1F催事場にも出店されてまぁ〜す

他にも、ケーキ、焼き菓子、アイシングクッキーもお勧めですよ 

   Ciel Clair(シエルクレール)
  神戸市東灘区岡本1-12-14 オカモトT+Tビル2F

  
   TEL:078-413-1184   営業時間:10時〜20時  定休日:水曜日


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode