夏の風物詩

 

暑中お見舞い申し上げます。

 

祇園祭、天神祭りも終わり、夏本番で毎日、暑〜いですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

夏の風物詩、、、って何を浮かべますか!?

 

関西では、ハモを連想する方も多いのでは・・・?

 

江戸時代、瀬戸内海でとれたハモを京都に運んでから食される風習が、京都で定着したとか。

 

ハモはあっさりした味わいで、くせがないけど、なーんか苦手っておっしゃる方も多いと思います。

 

コ・マダムもあの、食べた時のざらっとした食感が苦手で、以前は食べれませんでした〜

 

ですが、シェフが丁寧に「骨切り(細かく包丁で切り込みを入れる)」をしてくれたら、

 

「あらら。。。? 舌に小骨が当たることもなく、おいし〜いやんやじ 今まで食べてたのは???」っと。

 

ハモは、胃袋、浮袋、きも、捨てるところが、骨以外 ほとんど食べれます。渦巻き

 

左の写真は、「ハモの焼き霜」 を oribe で始めたころの写真です。

 

右の写真は、現在の「ハモの焼き霜 コンソメジュレ 柚子胡椒風味」で、oribe でハモを食べて下さる方もたくさん

 

増えました〜

 

写真を見比べると、シェフの飽くなき探求心で、料理が進化していますね・・・ハート

 

来月初旬くらいで、終わってしまうので、召し上がられたい方は、お早めに〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode