暑中お見舞い申し上げます!

 

猛暑が続きます。ほんと暑〜いですね・・・

 

暑中お見舞い申し上げます!

 

先月の北部地震から1ケ月、今月初旬、西日本が記録的な豪雨に見舞われ、甚大な自然災害に心痛むと同時に、みなさまには

 

平穏な日常生活に早く戻れますように〜っと、「和敬清寂」を唱え願うばかりです。

 

 

写真は、昨秋10周年の際に、コマダム友人達からお祝いにもらった ”シルクジャスミン” 白い花を咲かせてくれました〜

 

今年の冬は特に寒く、外に置いているので、冬越えできるかなぁ〜?っと心配致しましたが、愛らしい花に癒されてます。

 

そして、Oribeは木が多いせいか?毎年、セミの脱皮が観察できます。

 

毎年夏になると、シェフの自由研究、セミの脱皮です。

 

(写真は苦手な方もいらっしゃるかと思い、あえて小さくときますね・・・)

 

脱皮の経過をお店にいると十分、観察できます!

 

シェフいわく、今年は脱皮するセミの数も例年より少ないし、セミの元気な鳴き声がまだ聞けてないな・・・っと。

 

ワールドカップも終わり、来週は大阪・天神祭り、いよいよ夏本番ですが、熱中症には気を付けて

 

穏やかな夏でありますように〜

 

 

 

 

 

 


きょうのおやつ

 

♪♪♪カステラ一番〜 電話は二番・・・♪♪♪

カステラっといえば、必ずこのフレーズが出てきますね。

コ・マダムと同世代の方々限定ですがー(笑)

 

GWも終わり、今週はお疲れモードで、ちょっと一息したいところ。

 

なので好きなモノをしっかりいただきまぁ〜す。ハート

 

このカステラ、自宅近所に2号店が2年前位〜あったのですが、今年初めに頂戴するまでは、知らなかったんです。。。

 

Oribe と 自宅の間の通り道の北側で、ほとんど通らない場所だっただけに〜

 

初めて食した時、なんと生地がふんわりしつつも、もちもちした食感がなんとも言えず、おいし〜くってビックリ

 

また、ザラメのゴロゴロした感が味わい深く余韻を引き立ててます。

 

すっかりファンになってしまって、その後、何度か買いに行っていたのですが、

 

3月位から なぜか? 普通に買えなくなってしまって・・・

 

某有名人カップルのご結婚発表でメディアで取り上げられたみたいで。。。

 

最近は少し落ち着かれて、買いやすくなったみたいですが、やはり遠くからもいらっしゃる様子です。

 

焼き印が羊になってますが、他にも犬やクマの焼き印があり、可愛いいデス。き

 

https://decarnerocaste.net/

 

 

 

 

 

 


〇X△・・・らん!?

 

Oribeはオープンして2ケ月後、2008年1月、初めてのテレビ・「ガッツン・ミシラン」コーナーで紹介され

 

電話回線がパンクする位の物凄い反響があり、、、

 

そして、3年前よりミシュランガイド・ビブグルマンとして、紹介され・・・

 

昨年末には、「煙らん・禁煙のお店紹介のサイト」にも紹介していただきました。

 

10年前、当初は店内禁煙を理由に、お断りされる方も多かったです。( ;∀;)

 

ですが、今では逆に、禁煙が有り難い!っとおっしゃって下さってます。

 

昨日の日経新聞夕刊に、「煙らん」のサイトについての記事を見つけましたので、紹介させていただきますね!

 

”おいし〜く食べて飲んで健康に!”

 

http://quemlin.com/
 

 

 

 

 

 

 

 


10周年記念イベント(2)

 

ドリンクについては、和歌山よりボイジャーブルーイング蠅寮献咫璽襪髻

(今年2月のブログご参照)

 

通常、ゴールド と コパーの瓶を取り扱っておりますが、当日初の生ビール・ゴールドを提供。光

 

そして、この日の数日前に限定醸造された、「イングリッシューIPA」も社長ご夫妻が持って来てくださいました〜

 

 

朝早くから、和歌山・紀伊田辺よりお越しいただいた、ボイジャーブルーイング蝓社長ご夫妻。

今年、2月初めて醸造所に伺い、社長のおいし〜いビールを造り続けたい!っという、とても熱い想いがシェフと共感して

 

10周年にはぜひ、お客様へ飲んでいただけたら・・・っという、私たちの想いを叶えて下さった、とても素敵なご夫妻デス。

 

前日に、ABC放送「夢のカタチ・・・」で醸造所がテレビ放送されて、反響が多かったにも関わらず、ご夫妻でいらしてください

 

ました〜 奥様とは、モノづくりに熱いご主人を支えるという点で、大きな共通点がある上、年齢は違いますが、一時期大学で同じ

 

キャンパス内過ごしていた・・・また、商売人の娘で育った・・・ ということで初対面より、共感することが多かったです。

 

 

ワインの提供は、ワインショップ・トムギャルソン 冨尾店長 が、お客様の要望に応じて、提供してくださいました〜

 

コ・マダムセレクトのマグナムボトル。

 

 

当日は、お天気はよかったものの、とても冷え込む一日でした。

 

13時開始で、最終終了が22時くらいまで、たくさんのお客様とお逢いできました!

 

シェフ仲間のみなさまやコ・マダムの友人、お知り合い、お客様の中からも多数、イベントを盛り上げてくださり、お手伝いを

 

して下さり、無事に終了することができました。

 

至らぬ点も多かったと思いますが、みなさま、本当にありがとうございました〜m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


10周年記念イベント(1)

 

2007年11月11日にオープンした Oribe 、今月無事に10周年を迎えました〜ぴかぴか

 

オープンより決して、順風満帆ではなかったのですが、お客様を始め、多くの方々に支援していただいたおかげで、

 

シェフと共にお店を続けることができました❣

 

なので、私たちからの感謝の気持ちを込めて、11/12(日)10周年のイベントをお店で行いました。

 

周年イベントは1周年以来(当時はスタッフが居てくれて。)9年ぶりで、正直 二人で何ができるか?ってことを

 

今年初めから、計画を立てておりましたが、無理をせずに出来ることをやるだけでいいのでは!? また

 

計画する私たちが楽しんでやれば、きっとお客様にも楽しんでもらえるだろう・・・っと思いながら、準備を進めておりました。

 

役割分担は明確で、シェフは料理に専念、それ以外の諸々は、コ・マダムの担当で。

 

イベント告知した段階で、100名様ほどの参加表明をいただいたので、当日の受付証 兼 何か記念品を・・・ってことで、

 

写真の通り、看板を作ってくれた、うつわPirikaoの石川さんに 

 

「当日はペンダントチャームに使用し、帰宅されたら、チャームが箸置きになる・・・何か考えて!?」っとお願いしたら

 

写真の通り、いろんな形のチャームを(穴の開いているモノはスカーフ、眼鏡ホルダー兼用)次々と一人でサンプルを作って

 

きてくれました。さすが、友人、私の好みをよくわかってくれてます。

 

 

お料理については、先月から定休日を返上して、シェフが一人で仕込みを開始してましたが、到底一人で100名様ほどの

 

準備は難しいので、シェフ仲間の皆様方へお願いし、それぞれにお忙しい中、快く引き受けて下さいました〜

 

これはお友達が取り分けて撮った写真デス。

 

シェフと共に厨房内で料理を作ってくれた、ラ・トォルトゥーガ萬谷シェフ。

 

お近くのヴレドヴレ大垣シェフはお店で焼いて、持ち運んでくださいました〜

 

お祝いにいらして下さったのに、パスタを作ってくださった アバッキオ・古田シェフ。

 

この日のためにわざわざ静岡から駆けつけてくれた元スタッフ、慶太くん。

 

お料理を提供して下さった、シェフのお店の詳細はこちらを参考に〜↓↓↓

 

メツゲライクスダ

http://metzgerei-kusuda.com/

ヴレ・ド・ヴレ

https://www.facebook.com/vrai.de.vrai.chez.hiro/

ラ・トォルトゥーガ

https://r.gnavi.co.jp/g59yws2w0000/ 

オステリア アバッキオ

https://r.gnavi.co.jp/e81gj76e0000/ 

慶太君が料理長として働いてる静岡のホテル 

https://www.mars-gw.jp/restaurant/teppanyaki.php

 

この続き、ドリンクについては後日。。。また、書きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ミシュランガイド ・ 2018

 

11/7(火)MICHELIN ガイド 京都・大阪2018 出版記念パーティーが京都・オークラホテルで開催されました〜

 

残念ながらシェフは仕込みのため、コ・マダム一人で参加して来ました。

 

京都で開催なので、久しぶりに着物で。

 

 

パーティは2年ぶりでしたが、シェフの代わりとはいえ、会場に到着したものの、少し緊張気味。。。

 

早めに到着したので、ミシュランマンと記念撮影。

 

 

パーティには500名ほど参加で、今回は身近にお知り合いの方々を見つけられず・・・

 

ですが、テレビや本で拝見していた名高い料理人さん達を至近距離で、ちょっとミーハー気分!?になりつつも、

 

同じ空間に居合わせれたことにしみじみと一人感動しておりました。

 

シェフと共に味わいたかったなぁ〜

 

 

星付きの料理人さん達には 日本ミシュランタイヤ株式会社社長より壇上で Chef's Jacket の授与がありました。

 

1時間半余りですが、とても貴重な体験をさせていただきました〜

 

来年のミシュランガイド京都・大阪は、発売より10冊目となるそうです。

 

帰店してシェフにパーティーの様子を報告すると共に、喜びを分かち合い、心新たに料理に精進すべく共に邁進して参ります。

 

また、今週末は10周年を控えておりますので、身を引き締めてイベント準備に徹します。

 

シェフにとっては実り多い、秋デス!

 

いつもOribeを愛して可愛がってくださってるみなさま、おかげさまで、たくさんの実りを与えてくださり、本当にありがとう

 

ございます〜!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


シェフ・50歳のお誕生日

シェフは先週、50歳のお誕生日を無事に迎えました〜ハート

 

今の体格を見て信じられませんが、生後、大きな病に罹り大変な時期があったみたいです。

(コ・マダムの兄は、同じ病で生後1ケ月で天国に逝ってしまいましたが。)

 

健康で自分の好きな仕事に就けて、続けていられること、有り難く思ってます!!

 

先週、シェフの1日早い50歳のお誕生日会・・・っということで

 

シェフが以前から行きたかった、京都・祇園花見小路 イル・チプレッソ さんへ光

http://www.ilcipresso-hanamikouji.jp/

 

京都・祇園花見小路の夜、風情がありますね〜

一力茶屋の離れを改装して作られた店内。

案内された席から、お庭が見え、京都らしい雰囲気抜群で

シェフ、喜びの余りテンション上がりっぱなし・・・やじやじ

(京都生まれで、祖母の家が平安神宮の近くだった。)

 

本日のお楽しみ・いちじく と 吉田牧場のモッツアレラ

 

仙鳳趾の牡蛎のボッシュ パルマ産プロシュット

 

本マグロの魚醤風味 グレープフルーツ トマト ういきょうのピュレ

 

香住よりズワイガニのフラン

 

 

子持ち鮎のコンフィ サルサヴェルデ きゅうり 青葱

 

由良より蒸しアワビ 仲谷農園トマトのジュレ

 

 

タヤリン 生雲丹のソース

 

長崎よりクエ と 安比舞茸の蒸し焼き

 

お口直し

 

フランス リムーザン 仔羊背肉

 

本日のチーズ

  

 

お料理に合った、白・赤ワイン〜ワイン

 

怪しげにグラスの向こうから覗き込んでます。

 

 

バースディーケーキケーキティラミス

デザートより個室に案内していただき、個室がまたとてもステキ。き

 

高島シェフとツーショットハート

 

どのお料理にも野菜の付け合わせが多く、コースの中身にお魚料理が多いのも嬉しい限りで、ソースも美味で一皿一皿、

高島シェフの想いを感じさせていただき大満足ビックリ お腹いっぱいですが、デザートは別腹で〜

 

そして、このお店には メートルドテル(支配人・給仕長)がいらっしゃり、出迎えから始まり、お料理の提供の仕方が

とても美しい所作で、サービスの良さが心地よい雰囲気を作り上げて下さってます。

コ・マダムも学ぶところ多く、やはりたまにはこのような極上のサービスを受けないと・・・っと痛感する次第。

 

個室の解放感からか? 久しぶりに高島シェフに会ったシェフは、感激の余り、支離滅裂な会話を続け、、、(苦笑)

 

記念すべき半世紀のお誕生日会を京都で迎えられたこと、貴重な思い出となるでしょう。。。

 

シェフにとって、今年は実り多い秋になりそうかなぁ〜!?

 

 

 

 

 

 


観葉植物

シルバーウィーク後半、いかがお過ごしでしょうか?

 

大阪はスッキリしないお天気ですね〜ショボン

 

1ケ月前は猛暑でしたのに、季節の移ろいを実感致します。star

 

 

写真はお店のエントランスに並ぶ、ユッカ「青年の樹」です。ハート

 

右端と右から3鉢目のユッカは、元々1鉢に収まっておりました〜

 

開店祝いに、お店を作っていただいた大工さんS氏より・・・

 

右から2鉢目は、昇り龍のようなユッカで、こちらも開店時に家族ぐるみでお世話になっている

 

K院長より頂戴致しました。幹が、龍が天に昇るかのようで、とても縁起がいいです。

 

ちょっと鉢の中の土が少なくなってきているので、今月中には植え替えしてあげないと〜

 

左端のユッカは、先月、自宅マンションより移動させたもの。

 

12年前、コマダムが会社員だった頃、お世話になっていたG氏が結婚のお祝いに・・・っといって

 

当時は高さ30cm位、手で提げて持って帰ったユッカが、自宅ベランダの環境が合っていたのか?植え替えを

 

して鉢を変える度に、スクスクと育ち、このままでは、ベランダから出せなくなってしまうのでは!? っと思い、先月

 

移動させて、植え替えを致しました〜渦巻き

 

その最中に・・・一本の電話が。き

 

な、なんと、頂戴したG氏よりの予約の電話に、びっくりビックリビックリ

 

亡き父と同じ昭和9年生まれのG氏、2年前にお会いしたきりで、お元気にしていらっしゃるかなぁ〜??っと

 

思っていただけに以心伝心。。。heart

 

 

春にはシマトネリコとジャックの樹、他、今年は自ら、シェフと元スタッフK君の力を借りてチャレンジしてみました〜

 

新しい土に入れ替えて元気に育って欲しい!っという思いから、植え替えをしたのですが、中には、ダメになるものも

 

あったりで。。。アセアセアセアセ

 

観葉植物を見ていると、雨の日、風の日、天気のいい日、曇り空の日・・・いろんな日がありますが、いつも私達を温かく見守って

 

くれているように、思います。

 

Oribe も11月で10周年になります。

 

コマダムも植物のように成長したかどうか・・・?わかりませんが、節目の年、みなさんとお祝いできますように〜音符音符音符

 

 

 

 


夏の風物詩

 

暑中お見舞い申し上げます。

 

祇園祭、天神祭りも終わり、夏本番で毎日、暑〜いですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

夏の風物詩、、、って何を浮かべますか!?

 

関西では、ハモを連想する方も多いのでは・・・?

 

江戸時代、瀬戸内海でとれたハモを京都に運んでから食される風習が、京都で定着したとか。

 

ハモはあっさりした味わいで、くせがないけど、なーんか苦手っておっしゃる方も多いと思います。

 

コ・マダムもあの、食べた時のざらっとした食感が苦手で、以前は食べれませんでした〜

 

ですが、シェフが丁寧に「骨切り(細かく包丁で切り込みを入れる)」をしてくれたら、

 

「あらら。。。? 舌に小骨が当たることもなく、おいし〜いやんやじ 今まで食べてたのは???」っと。

 

ハモは、胃袋、浮袋、きも、捨てるところが、骨以外 ほとんど食べれます。渦巻き

 

左の写真は、「ハモの焼き霜」 を oribe で始めたころの写真です。

 

右の写真は、現在の「ハモの焼き霜 コンソメジュレ 柚子胡椒風味」で、oribe でハモを食べて下さる方もたくさん

 

増えました〜

 

写真を見比べると、シェフの飽くなき探求心で、料理が進化していますね・・・ハート

 

来月初旬くらいで、終わってしまうので、召し上がられたい方は、お早めに〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


クラフトビール醸造所 

 

昨年12月よりoribeで、取り扱いを開始した 和歌山・田辺発祥 ボイジャーブルーイング

http://www.voyagerbrewing.co.jp/

 

クラフトビール醸造所へ初訪問。ビール

 

大阪・天王寺より JRくろしお で 約2時間弱。お弁当を食べて、一眠りしたら、紀伊田辺の駅まであーっという間。

 

車中より、梅を愛でながら、海を見ながら、ちょっと旅気分き

 

醸造所の外観は、木材の温かさを感じながらも、とってもおしゃれな雰囲気で、テンションあがるぅ〜ハート

 

 

既に、シェフことテツオさんは、乗車後のくろしお号もばっちりカメラに収め、ビール好きな上に既にアゲアゲモード。やじ

 

まずは、醸造所内を見学。ピッカピカのタンクがたくさん並んでいて、製造工程を伺う。

 

 

ビール作りもひと手間ひと手間、愛情を込めて作っている姿勢が、料理を作ることと共通していて、シェフと社長、初対面にも

 

関わらず、話が弾む弾む・・・

 

製造から瓶詰め、配送までの過程を伺った後に、ゴールド と コパー の2種類の生を頂きまぁ〜す。ビックリ

 

写真は社長とシェフ、ゴールドの生 で 乾杯。乾杯

 

お店で扱っている瓶詰のタイプより、 生 はよりさらっと頂ける感じかな?

 

ワインと同様、製造過程において、添加物を加えていないとのことで、さらさらっと頂けるのが身体に優しいですねー渦巻き

 

淡色系のゴールドは、麦芽の風味やホップの香りが優しいので、焼き野菜や魚介などあっさりしたお料理に。

 

濃色系のコパーは、ホップの香り・苦味が力強いので、お肉やお好み焼きにぴったりデス。

 

 

日帰りであーっという間の滞在でしたが、ボイジャーブルーイングのこと、しっかり学習して来たので、また、皆様に

 

お伝え致しまぁ〜す。

 

専用グラスも仕入れてきましたので、みなさま、oribe でお楽しみ下さいね。star

 

次回は、白浜まで足を運ぼうっと。。。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode